アオリイカ三昧

2024年4月23日(火) 大潮 

天気 ■ くもり  風向 ■ 東3m
気温 ■ 19℃   水温■ 18.5℃
透視度 ■ ~18m
満潮 ■ 04:52  干潮 ■ 11:15

穏やかな海。
ここ数日の透明度も大潮に入り
若干、白濁気味に(干満差が大)。
とは言ってもまだまだ良く見えています。

キタマクラ(フグ)
 キタマクラ(フグ)と遊ぶ♪

今日は平日なのでダイバー客も少なく
狙うは「 アオリイカ♪ 」

おかげで産卵床には誰一人おらず、
ただし潜った瞬間はアオリイカもいない、、、、。
  (>_<)
さてどこ行こうか?!

アオリイカ
 アオリイカ
 アオリイカ

あれ?、1パイ、2ハイ、3バイ、、、と、
次々に寄って来てざっと20パイ程 ♪
   ヽ(*´∀`)ノ
撮り放題だー !!
とは言っても刺激しては気の毒なので
ほどほどでその場を離れ、
いつもの生物探し (o^-‘)b !

コミドリリュウグウウミウシ
 コミドリリュウグウウミウシ
ツツイシミノウミウシ
 鮮やかで綺麗?、気持ち悪い?(笑) ツツイシミノウミウシ
セトミノウミウシ
 セトミノウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ、
ツツイシミノウミウシ、セトミノウミウシ、
真っ赤なタツノイトコ、カレイ、
ウミエラカニダマシが見つかりました
  (o^-‘)v

タツノイトコ
 タツノイトコ ♀
カレイ
 井田では珍しいカレイ種
ウミエラカニダマシ
 ウミエラカニダマシ

この勢いでゴールデンウィークに突入だー!!
まだまだ見つけちゃうぞ~ (笑)

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

大当たりの週末

2024年4月21日(日) 中潮 

天気 ■ 快晴  風向 ■ 西南西3m
気温 ■ 21℃   水温■ 18~20℃
透視度 ■ ~20m
満潮 ■ 16:28  干潮 ■ 10:25

大当たり~  ヽ(*´∀`)ノ
そりゃぁ何かって、、、
透明度、浅場20M以上と青く、
底でも18mは見えている。
水温、表層20℃近く、底でも18℃台 ♪

アオリイカ
 産卵に集まるアオリイカ
アオリイカ卵塊
 まだ緑が眩しい葉の中には真っ白でプリンとした卵塊

アオリイカの産卵も数日前から始まり、
今日の朝一は20パイ近く集まり、
他客とのバッティングもなく寄り放題
  (o^-‘)b !

スズメダイ
 群形を色々変えながら泳ぐスズメダイ群れ

ボラクーダーも数回ぐるぐると回遊!!
スズメダイの群れもあちらこちらで。

ベニシボリガイ
 数年ぶりの出会い。 1㎝殻から出た妖艶な体のベニシボリガイ

久しぶりの出会い、ベニシボリガイ。
貝殻も綺麗、体も妖艶  ヽ(*´∀`)ノ

キヌハダウミウシsp24
 キヌハダウミウシsp24
ウミテング
 吻(上口)が名前の由来、ウミテング

近くでは毎度おなじみキヌハダウミウシsp24や
ウミテングも数個体(ペア)!!

ウミケムシ
 見たままの名前!、刺されると猛烈に腫れるのも一緒、ウミケムシ
ヒラムシ
 ヒラムシ

時期なのかウミケムシやヒラムシも多々。

少し深場ではセトミノカサゴと
Bigなセミホウボウにも出会えた。

セトミノカサゴ
 このカサゴもいつの間にか普通種に。 セトミノカサゴ
セミホウボウ
 40㎝大/セミホウボウ

水温が高いからかオーストンフクロウニが
弱弱しい???

オーストンフクロウニ
 カゴウニカクレエビが2個体ついています
カゴウニカクレエビ
 カゴウニカクレエビ

ゴールデンウィークを前に水中が活気づいてきた ♪
さぁ、どんな出会いが有るかな?!

※ゴールデンウィークのクラブハウスのご予約はお早めに。

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

のどかなダイビング日和

2024年4月16日(火) 小潮 

天気 ■ 快晴  風向 ■ 西南西3m
気温 ■ 25℃   水温■ 17~19℃
透視度 ■ 12~15m
満潮 ■ 07:58  干潮 ■ 05:07

昨日は地元の太公望(釣り好き)に頼まれて
釣り専用のアオリイカの産卵床を設置してきました。
最初から大変なことはわかっていたので
今年初の身軽なウエットスーツで!!
切ってきた木の枝を海岸から沖合へ沈める作業、
10往復も!!  (>_<)
今日はさすがに上半身かなりの筋肉痛、、、。
大漁ならおこぼれも有るかな?!
  f(^_^;)

アオリイカ産卵床
 アオリイカ産卵床

そんな今日はおとなしくしていよう ♪
無理?!  無理だよねぇ~ (笑)

ついつい深場へ行って来てしまいました
  f(^_^;)

ミジンベニハゼ
 ミジンベニハゼ
トサカクレエビ&マルガザミ
 お腹に卵を持ったトサカクレエビ & マルガザミ
ハクセンアカホシカクレエビ
 ガラス細工の様なハクセンアカホシカクレエビ

久しぶりに出会うミジンベニハゼ、
トサカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、、、

カゴウニカクレエビ
 カゴウニカクレエビ

水温が上がり始めていますが、
カゴウニカクレエビ付きオーストンフクロウニにも
まだ出会えています。

 80㎝大のコブダイ♂、体表が婚姻色に!!

浅場では婚姻色に変わったBigなコブダイ♂、
コノハガニ、サキシマミノウミウシ。
コブヌメリのちびっ子も多く目につき出しました。

コノハガニ
 これから海藻お帽子つけるのかな?、15mmコノハガニ
コブヌメリ
 浅瀬砂地にはコブヌメリの子供がちらほら隠れています/5cm大

そうそう、ダイビングエリアの産卵床には早、
アオリイカが4ハイ来ていました。
今週末には白い卵が見られるかもしれません ♪
   ヽ(*´∀`)ノ

アオリイカ産卵床
 近づいたらイカ4ハイ、スーと逃げられてしまいました

明日は西寄りの風ですが
潜れるチャンスは有りそうです。
晴れて気温も高いので
ダイビング日和になると良いな!!

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

日々、透視度アップ ♪

2024年4月14日(日) 中潮 

天気 ■ 快晴  風向 ■ 南3m
気温 ■ 22℃   水温■ 18℃±
透視度 ■ 15~20m
満潮 ■ 07:37  干潮 ■ 15:07

今日は快晴、暑くなりました ♪
海も穏やかで浅瀬の透視度がかなりアップしました。
桟橋から水中を観てもキラキラ、
地形が良くわかります。
水中に入ってみればゴロタ上は20m視界。
青みも増して良い景観が広がります。

アオリイカ産卵床
 昨日よりも見える!! イカはまだです

これだけ晴れれば水中も明るく
底部でも18mは見えていそう (o^-‘)b !

個体的にはかなり少なくなってきた
ちびっ子イロカエルはまだ探せば見つかりそう。
白カエルだけが目立ちます。

イロカエル
 1㎝大、イロカエルアンコウ
ウミカラマツエビ
 黄色がかなり目立つ、ウミカラマツエビ

他、ウミカラマツエビ、
ツメタガイやタマシキゴカイ卵塊の陰に
ちらほら隠れている種不明の幼魚!!

タマシキゴカイ卵塊
 タマシキゴカイ卵塊の陰に隠れていた幼魚
ムラサキミノウミウシ
 ムラサキミノウミウシ

最近はまっているムラサキミノウミウシ、
(カラーリングに魅かれています)
卵塊を抱くガンガゼカクレエビ、
クダゴンベ、○○○イソメ、バラハタ幼魚、
Bigオオモンカエル、セトミノカサゴ、
Bigアメフラシ(笑)、フウセンウミウシ、、、、

ガンガゼカクレエビ
 育児嚢の様な卵を抱いていたガンガゼカクレエビ

ヒラタエイがいよいよフィーバー中!!
モグラ叩き状態で出現でかなり楽しめるぞ(笑)
※叩いちゃぁ ダメだけどね (o^-‘)b !

明日も晴れて気温高く、ダイビング日和。
そろそろウエット出番かな?!
   f(^_^;)

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

アオリイカ来るかな?

2024年4月13日(土) 中潮 

天気 ■ 快晴  風向 ■ 東南4m
気温 ■ 20℃   水温■ 18℃±
透視度 ■ ~15m
満潮 ■ 07:15  干潮 ■ 14:20

今日こそは予報通り晴れて、
気温も上がり行楽日和 (o^-‘)b !
少し汗ばむくらい ♪

アヤニシキ
 海藻のアヤニシキ表面

昨日投入してもらったアオリイカ産卵床。
例年並みのこんもり具合。
自分が潜った時にはちょうど大きめイカが
様子伺いなのか、辺りを旋回 (o^-‘)b !
ゴールデンウイークには早、産卵が見えるかな?!

水温、透視度、若干上がりました
   ヽ(*´∀`)ノ

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

干満差

2024年4月12日(金) 中潮 

天気 ■ 小雨  風向 ■ 東4m
気温 ■ 16℃   水温■ 17℃±
透視度 ■ ~12m
満潮 ■ 06:52  干潮 ■ 13:40

今日の予報、どうなっているのや―――!!
と言うくらいゲストも皆、口をそろえて
期待外れ  f(^_^;)
予報では「 晴れのち曇り、午後は晴れ!、気温も昼から20℃ 」
実際は一日小雨、たまに本降り、気温も16℃止まり。
帰る頃になってやっと日差しが少し、、、(>_<)
せめてもの救いは風が無くベタ凪でした。

ムラサキミノウミウシ
 紫の体に赤い触角が斬新なムラサキミノウミウシ

今日は私はガイドが入っていたのでお手伝いできませんでしたが、
早めの産卵床が入りました。
ゴールデンの頃にはたくさん寄っていると良いですね!

メイタガレイ幼魚
 メイタガレイ幼魚

前回の大潮から干満差がとても大きく、
「こんなにも潮が引くんだ @_@; 」
その影響で時間帯によっては流れに遭遇!
本日は1本目に。
おかげで透明度も今一つ、10mくらいの視界。
こうなるとベントス・ダイビング (o^-‘)b !

コミドリリュウグウウミウシ
 餌が無いのに1cm大のコミドリリュウグウウミウシ

今日はカエル達はさておき、
ツノザヤウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、
セトミノカサゴ、メイタガレイ幼魚、ワカヨウジ、
ヒラタエイ、キヌハダウミウシSP24、
ムラサキミノウミウシ、カゴウニカクレエビ、
ウミテング、ウスバハギ、、、、

ツノザヤウミウシ
 ツノザヤウミウシ

明るいライトが多くを見つける最善策 (笑)

明日もダイビング日和。
予報では晴れマーク  (o^-‘)b !
当たるよね?!  (笑)

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

べた凪で気分も上昇

2024年4月7日(日) 大潮 

天気 ■ 晴れ  風向 ■ 南東3m
気温 ■ 22℃   水温■ 16~17℃
透視度 ■ 12~18m
満潮 ■ 16:37  干潮 ■ 10:38

お天気良し! 海はべた凪!!
桜に富士山 ♪

こんな好条件なのにダイバーはまばら、、、。
みんな「マリンダイビングフェスティバル」に行ったかな?!
おかげで水中ガラガラ、やりたい放題 (笑)

ハクセンアカホシカクレエビ
 ハクセンアカホシカクレエビ

今日も快進撃 (o^-‘)b !
あれこれ、多くの生物が見つかった
  ヽ(*´∀`)ノ
これも最近入荷した水中ライトのおかげ ♪
爆明るく光源も直進性が有り、
生物探しには最強!! お値段も格安 (笑)
いま一押しライトです。

ルリガイ
 外洋を漂流するルリガイ。 きれいな青色をしています

さて今日一番のヒットは、、、、!?
ルリガイ(貝)の殻を水中で拾ったこと (笑)
この貝は自ら粘着性のぶくぶく泡を出し、
カツオノエボシ(クラゲ)などと一緒に外界を漂流し
クラゲを食べて生活 (o^-‘)b !
海が荒れた後などに海岸に打ち上げられたりします。

コミドリリュウグウウミウシ
 1cm大コミドリリュウグウウミウシ

他、コミドリリュウグウウミウシ、
クロヘリアメフラシ、キセワタガイ、

クロヘリアメフラシ
 クロヘリアメフラシ
キセワタガイ
 動くことも無く地味なキセワタガイ

カンナ&ツノザヤウミウシ、テッポウエビ、
カゴウニカクレエビ、トゲカナガシラ、

カンナツノザヤウミウシ
 カンナツノザヤウミウシ
ツノザヤウミウシ
 ツノザヤウミウシ
テッポウエビ種
 テッポウエビ種
トゲカナガシラ
 砂に身を潜めるトゲカナガシラ
カゴウニカクレエビ
 深場からやって来るウニに乗ったカゴウニカクレエビ

ハクセンアカホシカクレエビ、
イロカエル、クダゴンベ、イバラタツ、
ウミカラマツエビ、、、、、

ムラサキミノウミウシ
 カイヒドラを食すムラサキミノウミウシ

今年の冬はカイヒドラをまとう貝が居なく
ずっと気になって探していましたがやっと遭遇 ♪
案の定、小さなムラサキミノウミウシが付いていました。
※ヒドラ虫を食しています

これだけ出会えれば潜った甲斐があったというもの
  (o^-‘)b !

明日も穏やかな海況だねぇ~  ヽ(*´∀`)ノ

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

透視度と水温は反比例

2024年4月6日(土) 中潮 

天気 ■ 曇り後晴れ  風向 ■ 南東3m
気温 ■ 19℃   水温■ 16~17℃
透視度 ■ 12~18m
満潮 ■ 15:45  干潮 ■ 10:02

予報通り穏やかなダイビング日和 ♪
海岸にはダイバーも少なく、もったいない!
アフターダイブには満開な桜の中で富士山を臨み、
おやつタイムも楽しいひと時。

カスザメ
 砂を払うと出現、カスザメ

1Dive 目よりも2Dive目の方が満潮に向かい、
深場からきれいな水が噴き上げ透明度アップ
  (o^-‘)b !
超深場は20mくらいは見えていそう。
ただし、、、、水温は16℃ちょうど!!(笑)

サザナミフグ
 水温が低いせいか石の間に横たわっていたサザナミフグ

さて今日も昨日と同様の生物をご案内 ♪

キヌハダウミウシsp24
 キヌハダウミウシsp24

カスザメ、フウセンウミウシ、
キヌハダウミウシsp24、イロカエル、
 

フウセンウミウシ
 フウセンウミウシ
ヤマドリ
 ヤマドリ

ムチカラマツエビ、スナチゴミノウミウシ、
サザナミフグ、謎の○○○イソメ、
ヤマドリ、ウミテングいっぱい、、、、

謎の○○○イソメ
 呼吸音(気配)だけで穴にもぐりこんでしまう謎の○○○イソメ

浅瀬では今季初のアメフラシ登場。
海藻を摂取していました。

アメフラシ
 30㎝大のアメフラシ。 これだけ大きな体が突如出現、不思議だ!!

明日もダイビング日和 ♪
午後遅くにに向けて西風に回るので
早めのダイビングプランを (o^-‘)b !

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

透視度、若干のアップ

2024年4月5日(金) 中潮 

天気 ■ 曇り時々小雨  風向 ■ 東5m
気温 ■ 12℃   水温■ 17℃±
透視度 ■ 10~18m
満潮 ■ 14:44  干潮 ■ 09:26

ここ数日温かっただけに、
今日は雨も有りで、寒~ (>_<)
海岸にはダイバー客も釣り客も見えません、、、、。
あー、 気持ちが落ちる f(^_^;)

明日は週末なので奮起し、ネタ(生物)探し!!(笑)

水深40mまで降りて見るも
私の目には定番カエルしか目に入らず、
1本目 撃沈 (>_<)

イロカエル
 イロカエル
イロカエル
 イロカエル

透視度、白濁ですが若干上がり、
上層15m、中層10m、底部18m視界 (o^-‘)b !
水温は16.5~17℃台。

いつもなら1Divedで終了のところ、
あまりにも撃沈過ぎて、しぶしぶ2Diveめチャレンジ!!

カスザメ
 体長1m程のカスザメ

おー、潜った甲斐があったね~ (笑)
今回もカスザメに出会えました。

キヌハダウミウシsp24
 毎年定位置に出現してくれるキヌハダウミウシsp24

他、定番キヌハダウミウシsp24、
意外な所で見つかったフウセンウミウシ、

フウセンウミウシ
 イカの卵塊に着いていた15㎜程のフウセンウミウシ
セミエビ
 5㎝程のセミエビ、キラリとした目が合いました(笑)

久しぶりの出会いのセミエビ、クダゴンベ、
タマシキゴカイ卵塊に着くスナチゴミノウミウシ、

スナチゴミノウミウシ
 タマシキゴカイ卵塊とスナチゴミノウミウシ
イソメ種
 やっと撮影に成功♪、ヤツデイソメの様に触手を伸ばしています/種名不明

本日のヒットはこれまた久しぶりのヤマドリの成体との出会い。
手をかざしたら乗ってくれました  ヽ(*´∀`)ノ

ヤマドリ
 久しぶりの成体との出会い ♪

明日は陽射しも出てダイビング日和。
海は凪だぞ~  ヽ(*´∀`)ノ
クラブハウスも桜に包まれています。

PAPAS CLUB桜満開
 PAPAS CLUBの辺りも桜満開になっています


おまけ:????(笑)

 飼育中のフリソデエビが2度目の抱卵をしました

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

桜、満開

2024年4月4日(木) 若潮 

天気 ■ くもり  風向 ■ 東3m
気温 ■ 19℃   水温■ 16.5℃±
透視度 ■ 6~12m
満潮 ■ 13:16  干潮 ■ 08:43

4月も入り日々温かな毎日。
遅咲きと言われていたソメイヨシノや山桜も
ここに来て一気に開花!!
海岸道路沿いの桜や井田内の桜も満開 ♪
雨に濡れた山風景が山桜で彩られて綺麗です。
今週末がピーク、見どころですね。
ダイビングの合間にランチボックスを持って
花見に出かけましょう (o^-‘)b !

さて海況は、、、、?

雨、黄砂、花粉、、、、、
この時期、海を濁す要素がいっぱい (>_<)
上層:10m、 中層6m、 底部12m
全てMax状況。
浮遊物は少ないけど全体的に水質が濁っている。

こんな時はやはりベントス・ダイビング (o^-‘)b !
あまり動かず、底を這って、、、(笑)

スイートジェリーミドリガイ
 スイートジェリーミドリガイ
ムチカラマツエビ・ペア
 ウミカラマツエビ・ペア

エソの子供達が底から浮き上がっては
着底を繰り返してる!?
何かと思ったら湧き上がるアミを一生懸命捕食中。
水温も下がり大量発生中だから
さぞかしごちそうだろうな!?(笑)

サキシマミノウミウシ
 サキシマミノウミウシ、大量発生中 ♪
稚コウイカ
 久しぶりに見つけた稚コウイカ
稚コウイカ
 稚コウイカ
スナチゴミノウミウシ
 タマシキゴカイの卵塊(鼻ぶく提灯似)の中で卵を捕食しているスナチゴミノウミウシ

今週末はやっと風向き良しで
ダイビング&行楽日和に (o^-‘)b !

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

あぁぁ、、、寒い

2024年3月24日(日) 大潮 

天気 ■ 曇り時々小雨  風向 ■ 東3m
気温 ■ 13℃   水温■ 15.5℃±
透視度 ■ 5~12m
満潮 ■ 05:20  干潮 ■ 11:23

日中気温は12℃となっていますが
陽射しが出ない分、体感温度的にはもっと低く
底冷えしてきます。
風も問題は無いのですが、沖からのウネリが若干入り
エントリー周辺は揉まれて砂が舞い、
更に透視度ダウンでした。

ハタタテダイ
 ハタタテダイが8個体残存

底部まで降りれば透視度はそこそこ見えてきます。
中層は相変わらず視界不良5mといった感じ。

水温はかなり下がってきましたが
この時期まだハタタテダイやクロイトハゼも
残っています。
問題はこれからの2か月じゃぁ無いでしょうかね?

クロイトハゼ
 越冬に向けて頑張っています/クロイトハゼ

井田では珍しくなったトゲカナガシラに出会いました。
昔はかなり居たのですが最近はまったく!!

トゲカナガシラ
 これも井田絶滅危惧種のトゲカナガシラ
カンナツノザヤウミウシ
 水温下がりここに来て出現か?/カンナツノザヤウミウシ

水温が下がってきたからか、
カンナツノザヤウミウシ3個体、
シビレエイの個体数が増えてきました。
どこからどのように増えてきているのやら?
今年もまたモグラたたき状態になりそうです。

ヒラタエイ
 今年も砂地を埋め尽くしてくれるかな?

セトミノカサゴも少なくなったといえかなり残存しています。
今日のエリアにもウミテング、居ました。
この分だと全エリアにいそうだな (笑)

セトミノカサゴ
 ヒレが鮮やかに妖艶のセトミノカサゴ
ウミテング
 今日のエリアのウミテング (笑)

減圧中にはベッコウヒカリウミウシ、
テッポウエビ種で時間がつぶせました (笑)
 f(^_^;)

ベッコウヒカリウミウシ
 ベッコウヒカリウミウシ2個体
テッポウエビ種
 石から石へ隙間をぬって移動するテッポウエビ種/4cm

明日は曇り空ですが風向き問題無しです。

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

この時期ならではの、、、

2024年3月22日(金) 中潮 

天気 ■ 晴れ  風向 ■ 南西3m
気温 ■ 8℃   水温■ 16.5~17.5℃
透視度 ■ 5~12m
満潮 ■ 16:08  干潮 ■ 10:37

日に日に透視度が落ちてきました。
この時期、本格春濁り前の濁り、、、、。
白濁というよりは全体的に水質がダウン。
察するに日本全国に振りまいている花粉、
そして黄砂飛来による海洋汚濁への影響!!。
上層10m、 中層5m、 底部12mと言った視界
※いずれもMax
水深25m以深は底からきれいな潮が入っていて
ざっと18mくらいは見えていそう。

外灯交換
 数日前には長いこと暴風波塩に耐えてきた桟橋の外灯1つ交換に。

今日も相変わらずのカエル案内 f(^_^;)
白、黒、オレンジ、イエロー、黄、ドット柄、、、。
たまにウミテングやクダゴンベ、イバラタツ、、、。
そしてBigオオモンカエル (笑)

コモンウミウシ
 極小コモンウミウシ。 井田ではレア種になってしまいました

透視度も悪く、這いつくばるにはちょうど良いかな?
 f(^_^;)

水温が下がったせいか先日よりもやや浅めに
オーストンフクロウニが2個体出現!!
両ウニ共にカゴウニカクレエビが居候していました。

サザナミフグ
 水温低下でかなりヨロヨロ、、、まだ小さいサザナミフグ

明日は昼くらいに雨かな?!
気温も低いから温かい恰好で (o^-‘)b !

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

あぁ、、、カエルだけ

2024年3月18日(月) 小潮 

天気 ■ 晴れ  風向 ■ 西3m
気温 ■ 16℃   水温■ 16.5~17.8℃
透視度 ■ 8~12m±
満潮 ■ 08:32  干潮 ■ 18:24

朝一は穏やかだった海況も時間とともに西風が吹き出し、
早めのエントリーがBestでした。
日に日に透視度がダウンし、浅瀬は12m、
中層悪く8m、底は12m程の視界となっています。
水温は16~17℃台。

今日もカエル以外を探すのですが
やはりイロカエルだらけ、、、 f(^_^;)

白・イロカエル
 白・イロカエル
Black・イロカエル
 Black・イロカエル

白、黒、オレンジ、イエロー、ドット、、、、
相変わらず砂地で大豆探しって感じ。
1Diveで8個体目に入り、途中で飽きて探すのをやめた(笑)

ドット・イロカエル
 とろけたブルーチーズの様な海綿がお好き? (笑)

珍しく岩陰にオオモンハタがジッとしてる。
良く見たら体にクリアクリーナシュリンプ。
クリーニング真っ最中だった。

クリアクリーナシュリンプ
 クリアクリーナシュリンプ
ウミテング
 ヒレを広げてくれると絵になるなぁ

新手のウミテングも見つかった!!
あっ、色鮮やかなバラハタ幼魚もいたな、、、。

バラハタ幼魚
 色鮮やかな南方系のバラハタ幼魚

ここのところ午後から風が強まり、
海面がざわつくので早めの支度、エントリーを!!
 (o^-‘)b !

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .

さてこれは?!

2024年3月15日(金) 中潮 

天気 ■ 晴れ  風向 ■ 西南西0→4m
気温 ■ 15℃   水温■ 15.5~17.5℃
透視度 ■ 12m±
満潮 ■ 07:59  干潮 ■ 14:48

前夜の風も収まり海は穏やか ♪
ダイビング日和だ。

ウミテング
 ウミテング

透視度は濁りだしMax12mくらい。
深場は水温低く、もう少し見えているかな?!
砂地降りるとヒンヤリ、15℃台、
上層はそれでも17℃台とかわらず。

さてTop写真は、、??
1m程のカスザメが砂地に埋もれ隠れています。
今日は水深40mまで降りる予定だったので
砂を払うことなくスルー  (笑)
砂の色・シルエットで何かを見抜きます。

トサカクレエビ
 トサカクレエビ

さすが冷たい潮が吹きあがっているせいか
この領域にはオーストンフクロウニが
あちこちに多数上がって来ているのが
見えます。
8個体はいるかな!?
深さも深さなのでじっくり見てはいませんが
約1/2の確率でカゴウニカクレエビが乗っていました。

カゴウニカクレエビ
 カゴウニカクレエビ
カゴウニカクレエビ
 カゴウニカクレエビ

上がり途中でヒロウミウシ、
アワシマオトメウミウシ、ウミテング・ペア、
イロカエル、トサカクレエビにも出会えました。

アワシマオトメウミウシ
 アワシマオトメウミウシ
ヒロウミウシ
 ヒロウミウシ2個体

明日もダイビング日和 ♪
今日よりもさらに気温が上がり快適か?

ではでは!
まったね~  ♪ バイバイ

  .